Welcome to my blog

“トルクメニスタン”という国は。。

マロージナ

マロージナ


こんにちは、マロージナです♪


今日のトルクメニスタンの天気は、ここでは珍しいらしく、曇天と小雨。
ただし気温は14℃と、初春並の暖かさです。

今年の日本は寒波に度々襲われ降雪も多いようですが、

トルクメニスタンはというと、私がこちらにきてからは、
寒い日でも3、4℃~10℃の間でカラッとした晴天が続いています。

(私が夫ともにトルクメニスタンに到着したその日が、この冬一番の寒さだったらしく、その日は日中でもマイナス12℃でした。笑)




『同じ空の下、空はどこまでもつながっている』と、歌詞にもよく使われていますが、
今日のあの曇天も、ゆくゆくは中国大陸を超え、日本へ向かうのかしら。。







日本で生まれ育って、云十年。。。

海外旅行も初めてならば、海外での暮らしも初めてという、
海外超ド級の初心者の私が、
ひょんなことから、この“トルクメニスタン”という国での生活を送ることになりました。




“…ト、トルクメニスタン??”



まだ日本居た時。
トルクメニスタンに夫ともに同行することを決意した、後。

親しい友人や職場の方々に、新天地へ向かう旨を伝えると、
必ず疑問符でこう返されました。



“…ど、どこにあるの?”

“え? ト、トル…トルコ?”



それから私は、長い長い説明をしていくことになります。
見たことも、聞いたこともないこの国のことについて、夫から教えてもらったことを頼りに、
一生懸命説明していきます。


まずはこの【トルクメニスタン】という舌がから回ってしまいそうな国名を復唱し、
それがアジア大陸にあって、カスピ海に隣接する国だということ。

四方を、カザフスタン・ウズベキスタン、イラン・アフガニスタンに隣接する国だということ。
(“え、イランってテロとか危ないんじゃないの?”と心配してくださる方もいるので、それは“イラク”であって、
“イラン”の治安は大丈夫だということも、ここで必ず補足しなければなりません。)

公用語はトルクメン語とよばれる言語で、ロシア語も広く通用すること。
日本との時差は4時間あること。

気温の寒暖差は、日本の東京から札幌にかけてとほぼ同じで、
夏は50℃近くまで猛暑が続きますが、冬の寒さは東京とほぼ同程度らしいこと。

トルクメニスタンへ向かうには、日本からだと直通便がないので、
タイやドバイ、トルコ経由で向かう必要があること。





私の拙い説明では、どこまでこの国について逡巡してもらえていたか分かりませんが、
未開の国についてみなさん、とても興味津々で聞いてくださいました。






私自身、夫からこの国の話を聞くまで、まるで知らなかったこの国。

高校時代は世界史をとっていましたが、まるで知らなかったこの国。

おそらく多くの日本人が国名すら知らぬまま一生を終えていくのではないかという、この国。

そしてきっと、私もその一人として、知らぬまま人生を終えていただろう、この国。



しかしそんなこんなで、不思議なご縁に恵まれて、
今まさにトルクメニスタンでの生活を送っております。




このブログを始めるに至ってのきっかけは先述しましたが、

超ド級の海外暮らし初心者の私が、

これまた超ド級の海外暮らし上級者向けの地“トルクメニスタン”で、

どのような発見・衝撃の日々を送っていくのか、温かく見守って頂ければと思います!







最後に、【本日のうまかもんお届け便♪】



写真は、トルクメニスタンのレストランで出てきたアイスクリームです。

私がHNとして使っている『マロージナ』の由来もここから。
ロシア語で『アイスクリーム』という意味です。



アイスクリーム、大好き!!


IMG_6231.jpg


スポンサーサイト
最終更新日2018-02-14
Posted byマロージナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply